「YouTubeで稼ぐ」がオワコン化してる件。さぁどうする?

・YouTubeは着実にオワコン化している
・想像以上に早かった
・なぜ?

①市場の成長が頭打ち
・YouTubeはこの1〜2年で急速に普及した

・YouTube認知率95%・利用率6割超、Amazonプライム・ビデオ認知率が約8割
https://www.moba-ken.jp/project/movie/

・老若男女、YouTubeを使うのが当たり前
・残っている市場は高齢者向けくらい?
・ビジネス系はかなり頭打ち感
・エンタメ系はガチプレーヤーがガチガチのガチ
・これ以上利用者、マーケットが増えることは考えにくい

②広告収入が激減中
・コロナショックで広告収入が落ちている
・広告は最初に影響を受け、最後に回復する
・少なくとも2〜3年は低迷が続く覚悟

③アルゴリズム攻略の難化
・コンテンツの質が全体によくなっている
・その上、コンテンツの供給量も増えている
・そもそもガチのプロたちが大量に参入
・よほどニッチをうまく突かないと伸びない
・スピードとクオリティと戦略の勝負
・ド素人が参入して勝てるのか???

【さてどうしよう】
・答えは実は決まっている
・自社商品の開発です
・広告で稼ごうとするからしんどい
・自分のブランドを認知してもらう場にすればOK
・イケハヤの場合は?
・メンバーシップ、有料教材、サプリメントなど
・広告収益はぶっちゃけゼロでもOK
・インプレッションは2000万回程度
・YouTubeが無料で宣伝してくれている
・答えはもうこれしかない
・いわゆる「D2C」
・気づいている人はみんな動いている
・というか昔から当たり前だった
・元祖は「ほぼ日」のほぼ日手帳
・DJ社長はライブチケット
・HIKAKINは音楽やグッズでマネタイズ
・世界最強のYouTuber、ライアンくんはおもちゃを開発
・うめだJAPANさんは梅干しを販売
・のがちゃんねるさんはオンラインジムを開始
・「広告だけで稼ぐ」のはビジネスとしてレベルが低いし、安定性がない

・今はまだ自分の商品を作ることは一般的ではない
・「怪しい」というイメージすらある
・でもこれは確実に来る未来
・商品づくりと販売は簡単ではない
・イケハヤもトラブルまみれ(売上凍結……)
・とはいえ今のうちから動けると強い
・あなたはどんな商品を作る?
・商品ありきでYouTubeチャンネルを作る時代になる
・農家がキャベツを売るためにYouTubeをやる
・コンサルタントがクライアントを見つけるためにYouTubeをやる
・楽器屋が楽器を売るためにYouTubeをやる
・本屋が書籍を売るためにYouTubeをやる
・パン屋がパンを売るためにYouTubeをやる
・映画監督が映画を見てもらうためにYouTubeをやる
・あなたは何屋になりますか??

・ネットビジネスだけで稼ぐ時代はもう終わる
・自社商品をYouTubeやSNSを駆使して売っていく
・非常に効率のよいビジネスを組み立てることができる
・イケハヤは競合と比較して圧倒的な安さのサプリを販売
・マーケティングコストはほぼゼロ
・今後もいろいろな商品を作っていきます

最新情報をチェックしよう!